Seminar‎ > ‎

SSCIワークショップ(平成23年度第4回)

2012/02/11 18:22 に Shintaro Sengoku が投稿   [ 2012/04/20 22:35 に更新しました ]


2011/10/21 22:05 に Shintaro Sengoku が投稿   2012/01/03 23:59 に更新しました ]

研究会名称

  • 幹細胞産業応用促進イニシアティブ(SSCI)ワークショップ (平成23年度第4回)

開催概要

  • 平成24年1月17日(火) 17:00 - 19:00
  • 京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス) 本館2階セミナー室
  • http://www.icems.kyoto-u.ac.jp/j/direction.html

内容

第1部: A New Approach for 3D Tissue & Organ Fabrication Inspired From Orthopedic Surgery

  • 演者: 中山 功一 (佐賀大学 大学院工学系研究科 先端融合工学専攻 先端融合工学講座 教授/株式会社サイフューズ 創業者)
  • 要旨: Fabrication of transplantable 3D tissues or organs in vitro is one of the major goals in regenerative medicine. Several scaffold-free systems have been developed to avoid potential side effects caused by scaffold mainly used to build three-dimensional tissue constructs. However, they seemed to be still unable to produce fine structures without contamination from exogenous biochemical materials. Inspired from bone fracture treatments in orthopedic surgery, we have established a simple method to fabricate 3D scaffold-free cell constructs. This method uses spheroids and temporal fixators which enable placement of various types of three-dimensional cells into desired xyz positions without need of hydrogels or biochemical reactive materials. We also developed a robotic system for scaffold-free cell construction. The prototype can handle two different types of cells and fabricate 10 mm3 scaffold-free cell constructs. We consider that the simplicity and scalability of this unique system will facilitate its clinical introduction. Near future, with combination of the robotic technology and the bio technology, we may be able to build living organs for autologous transplantation. And this multi-cell construct may be a useful research tool for drug development.
  • 参考URL: http://www.cyfusebio.com/

第2部: iPS細胞を用いた加齢黄斑変性治療法実用化に関して:臨床研究開始第一号候補として何が見えるか

  • 演者: 鍵本 忠尚 (アキュメンバイオファーマ株式会社 代表取締役社長兼CEO)
  • 要旨: 発明から商業化へ至る際に全ての技術開発が「死の谷」と呼ばれる過酷な生存競争を経験する。日本国において発明されたiPS細胞が果たしてこの「死の谷」を超える事が可能かどうかは、この生存競争に打ち勝つことが出来るかどうかにかかっている。今回本技術開発に関して、FDAとpre-pre-IND会議を行った経験を踏まえ、これからの再生医療、iPS細胞関連製品の実用化に関して情報提供を行う。
  • 参考URL: http://www.aqumen.jp/

主催

  • 内閣府/独立行政法人日本学術振興会 最先端・次世代研究開発支援(NEXT)プログラム(平成22年-25年度)
研究課題「幹細胞科学技術の統合的イノベーション・マネジメント研究と人材育成・事業化支援」(研究代表者:京都大学 物質-細胞統合システム拠点 仙石 慎太郎)
http://www.jsps.go.jp/j-jisedai/data/life/LZ009_outline.pdf
  • 京都大学 iCeMS イノベーションマネジメントグループ
http://www.icems.kyoto-u.ac.jp/j/ppl/grp/sengoku.html
  • 特定非営利活動法人 京都SMI
http://www.kyoto-smi.org/
Comments